« 東北帰還記(5) | メイン | とっとりうぉーかー(1) »

2018年08月20日

東北帰還記(6)

3日目。
名古屋~大垣~米原~大阪~地元

名古屋観光ーーーー(どんぱふ)
…といっても、午前中だけだし、どこへ行きゃ良いかね…
一応18きっぷ持ってるので、できればJR路線近辺が良いなぁ…名古屋は名鉄の天下だし…

で、まぁ、ちょうどネカフェが甚目寺近辺だったので、甚目寺から。名古屋じゃねぇ。

甚目寺は静かで穏やかで、
でもなんというか、荘厳という感じでは無く妙に所帯じみた感じでした。

その後熱田神宮へ行こうと思い、
とりあえず行く前にJRのホームにある立ち食いのきしめん屋できしめん食ったら、
マジで味しないでやんの。
よくよく思い出してみれば、3年前に小淵沢から東京経由で東海道線を18きっぷ帰還してるとき、
静岡のホームで食ってひどい目に遭ったきしめんと同じとこじゃ無いかなあれ。

ぐんにょりしながら熱田神宮行ったものの、
熱田神宮自体はやっぱり神宮だけあって綺麗でした。
後にこの敷地内にあるきしめん屋がうまいと聞いたのですが、時すでに遅し。

で、夕方早めには地元に帰れるスケジュールで、昼前くらいに名古屋出発したのですが、
東海道線のホームにいるもいっこうに電車が来ない。

アナウンス:「○○駅付近で、枕木から煙が出ているのを確認したため~…」

え どんな状況なのそれ

というわけで、もう何分遅れかも正確には覚えてないくらいがっつり遅れて出発。
で、この遅れにより、接続の電車が全部遅れたため、
そのしわ寄せが全部乗り換えの時間に響き、乗客全員が乗り換えのダッシュ。

米原の乗り換えの時なんか、
ちょっと遅れた乗客を容赦なく見捨てて新快速が発車。あれ、大丈夫かそれ。

そんなこんなでなんとか帰宅。
ホントに、旅行と言うよりは無事に帰れるかどうかの話だったので、
なんかもう疲労感しか残ってない八戸遠征でした。
総括とかしようにも、疲れた以外の感想が無い。

投稿者 火神俊哉 : 2018年08月20日 20:42

コメント

コメントしてください

コメント登録機能を利用するには、TypeKey トークンを設定してください。