« 2018年02月 | メイン | 2018年07月 »

2018年03月22日

満身創痍もいいところ。

どうも、火神です。
前回のエントリーがあまりにひどいんで、今年に入ってからの主な出来事を記します。

その1、正月。

ケチのつき始めはここではないんですが、とにかく去年の年末に腰をやりました。
もともと爆弾抱えてたのは皆様ご存じの通り。
しかし今回は年末ということもあってまともに整骨院に通うこともできず、
かといって正月のスキーはキャンセルもできず。

そんなわけで、ワシはなにも動けないまま雪山へ。
ご存じかと思われますが、今年はどんな雰囲気でした?

そう、大雪。

結論から申しますというか、主立った出来事を軽く羅列すると、
・ゲレンデに到着早々、駐車場の積雪にタイヤをとられ空回りを起こした
・宿に到着して同上。いきなり宿の人に救助してもらう
・翌日、隣のゲレンデに移動するも道路の途中でスリップし路肩の積雪へ埋もれて動けなくなる
・隣のゲレンデから温泉とそばを食いに山道を走るも、温泉施設の目の前で空回りを起こして脱輪
・その宿への帰り道、とうとう山道でタイヤが空回って上れなくなって立ち往生、JAFと宿の人に救助される

そもそも、あんな古くて重い車でスタッドレスを過信してチェーンを用意しなかったミス。
そして当然この間車押したり雪道を交通整理したりで腰が痛い。
結局年開けてからずっと整骨院に通う羽目に。


その2、新規顧客。

去年の10月にとあるジジイが仕事を持ってきたんですが、
その件数が莫大な上にどれもハズレ。
しかしゼロではないし信用商売なので、なんとか段取りを決めて顧客相手にせいいっぱい接客してきたわけです。
その結果、まぁ、どこからも不満なく、そのまま春を迎えて忙しくなると思った矢先。

このジジイ、持ってきた客をなぜか返せと言ってきやがりまして。

もちろん、どこの客からもうちの店に対してクレームは一切ナシ。
どういう経緯でこんなこと言ってきたかを聞くと、
以前受け持ってたIという店がジジイと喧嘩して、
何の権限かジジイが客を取り上げてうちに持ってきて、
で、そのI店とジジイが仲直り(というか、冬場の売り上げに響いてきたから頭下げた)したので、
うちへのクレームがじジジイのところにきてるという話をでっち上げて客を取り上げようということ。

キチガイという感想以外、ない

まぁ、俺も親父もきちんと接客してた結果、
ジジイとオトモダチで忖度しなきゃならんところは手放したものの、
逆にこのジジイとI店の態度を見限ってうちに来たお客様もいるということで、
頑張ってきてよかったなとは思います、が、疲れました。


その3、怪我、病気。

年末の腰の話もさることながら、今年はここに至るまでとにかく怪我も病気も多くて。
・年末、試験合格発表のその日の夜に飲みに行ってそこそこ飲んだ結果、翌日謎の高熱。
・年始、新年会の貝会のあとにまた高熱、ウイルス性の胃腸炎と判明。
・2月、パソコンぶっ壊れによる新品買い換え、それによる荷物運びでまた腰をやる
・3月、上司が持ち込んだ風邪菌に俺と親父が同時にやられ、大事なサークルの交流会を欠席。
それに加えて、
・親父、2月末の何かのイベントで足の肉離れと左手の剥離骨折をやらかす
・で、今週頭、なんか目の中になんか入ったかできものができたかですんげー不機嫌

パソコンもそうですがスマホもバッテリー膨張で保険適用して交換したりもありますし、
よくよく考えたら仕事の機械も去年末に一台ぶっ壊れて買い換え。
いくら何でも今年はやばいんじゃなかろうか。


ここまできて、もちろん慢心もあるところもあるでしょうけど、
当然ですが全て悪いのはあのキチガイジジイです。これでも大分あくどい話を割愛しました。
体調に影響するのも無理ないって話です。

ちなみにこの話、ある程度まとまったあたりでとあるバーテンダーさんに話を聞いてもらったところ、
マジトーンで一言。

「クソジジイですね。」

俺もそう思います。物理的に法的にも手を出さなかったことを褒めていただきたい。

投稿者 火神俊哉 : 00:17 | コメント (0)