« 2011年12月 | メイン | 2012年02月 »

2012年01月30日

東京遠征記(4)

今回のライブ、チケットは事前に手元に届いてありまして、
そこには整理番号が割り振られています。
一応、火神は289番ということで、普通であれば289番目に入場できるはず。
で、最初に掲示された入場の整理方法。

「1~1000番」「1001~1200番」「二階席」「それ以外」…ざっくりすぎるだろおい。

というわけで、やっと入場です。ここまでどれだけエントリーかかってんだ。
結局、そのあと10番単位で人が呼ばれ、入場していくことになりまして、
めでたく、300番以内に入ることが出来ました。

で、今回のライブはオールスタンディングなので、指定された定位置というものがないわけで。
もちろんいい場所で見たいけど、最前列の一番前とかはさすがに無理っぽいかなと思っていたら、
一番前とまではいかなくとも、最前列。しかもブースの真正面。
最後尾だけど、これはアツい場所を確保する事が出来た…!

ステージに入ると、もうすでに一人のDJさんがブースの調整をしておりました。
…じゃない、あのやばい髪の色のDJ、EXIT TUNESの社長、DJ UTOですよ。
場所確保できたとたん、前座としてEXIT TUNESの社長が場を温めるためにプレイし始めました。

次々と入場していく人たちを完全に無視し、
早々に入場した奴らはDJ UTOのプレイにテンションあげあげ。
ワンプレイ終わった後のBGMにすら、合唱を始める始末。もう、出来上がってます。

ちなみにZepp Tokyoは二階席もあるのですが、
どうやら二階席は特別関係者枠というかそんな感じらしく、
前座の段階では今日の出演者がちらほらと顔を出しているのが見えました。
Sotaは観客席を煽りだしたし、
L.E.D.、kors k、dj TAKAも姿を見せて、もうすでに気分は最高潮。

で、ステージが開演するわけです。

どなたかが用意して頂いたセットリストを見ながら細かく見ていきますので、
続きは↓。

■01. HHH×MM×ST
01. Follow Tomorrow / HHH×MM×ST [beatmania IIDX 19 Lincle]
02. Mermaid girl / Cream puff [beatmania IIDX 18 Resort Anthem]
03. 夢現 / Another Infinity feat. Mayumi Morinaga [jubeat plus]
04. Glitter / Another Infinity feat. Mayumi Morinaga
05. Ignited Night / HHH [pop'n music 18 せんごく列伝]
06. Dazzlin' Darlin / HHH [beatmania IIDX 15 DJ TROOPERS]
07. 朧 / HHH×MM×ST [pop'n music 20 fantasia]

今回は「EXIT TUNES ACADEMY Ryu☆ 3rdAlbum「Rainbow☆Rainbow」Release Party」なので、
もちろん最初は主催のRyu☆、そしてその一派の登場です。
この中で「Follow Tomorrow」だけは事前にライブ用の振りを伝えられてて、
「どこかでやります」とだけ言ってたんですが、開演一発目でした。

「Glitter」以外は全部聞いた曲ばかりなので、(というか、チケットはCDセット販売だった)
音ネタのところでの掛け声とかリズムとかを外すこともなく、
まだ体力も全然余裕があったので皆全力。「Ignited Night」の「Fire!」あたりはさすがライブだと。

■02. TAG
01. Theory of Eternity / TAG [jubeat knit APPEND / DanceDanceRevolution X2]
02. UNLIMITED FIRE / TAG [REFLEC BEAT limelight]
03. ~Timeless~ / TAG NEXT MORE [pop'n music 19 TUNE STREET]
04. Diamond Dust / TAG [REFLEC BEAT]
05. SABER WING / TAG [DanceDanceRevolution X / beatmania IIDX 18 Resort Anthem]
06. roppongi EVOLVED / TAG underground [DanceDanceRevolution X2]
07. POSSESSION / TAG underground [DanceDanceRevolution X2]
08. London EVOLVED / TAG underground [DanceDanceRevolution X3 VS 2ndMIX]
09. アルストロメリア (walk with you remix) / TAG [DanceDanceRevolution X3 VS 2ndMIX]

一旦ステージがそこで切れた後、暗転で準備してるのはTAG。
そこからずっと会場は「スーパースター!」のコール。(なぜかは後述)
で、始まったのはDDRのサウンドプロデューサー、TAGのステージ。
途中、ハイパーヨーヨーでのステージパフォーマンスがあったりしましたが、
ほとんどDDRやらないので、まともに覚えてた曲は「SABER WING」のみ。

ただ、ちょうど真後ろに陣取ってた女子がどうやら熱狂的なTAGファンらしく、
ずっとカッコいいカッコいいと叫んでました。

■03. Sota Fujimori
01. [E] / dj MAX STEROID [jubeat copious]
02. Fly Above / Sota Fujimori [beatmania IIDX 16 EMPRESS]
03. NEO CONTRA / Sota Fujimori [SYNTHESIZED 3]
04. Need Your Love / Sota Fujimori [REFLEC BEAT]
05. Star Field -SF_Gachi Trance Mix- / SADA [SYNTHESIZED 3]
06. PLASMA / Sota Fujimori [beatmania IIDX 12 HAPPY SKY]
07. Programmed World -SF_Infected Mix- / kors k [Ways For Liberation]
08. ANDROMEDA -SF 2011 Mix- / Sota Fujimori [SYNTHESIZED 3]
09. Prophet Vibe / Sota Fujimori feat. Calin [jubeat knit]
10. Lucky Days / Sota Fujimori feat. Kanako Hoshino [beatmania IIDX 19 Lincle]
11. Never Fade Away / Sota Fujimori feat. dj MAX STEROID [beatmania IIDX 18 Resort Anthem]
12. polygon / Sota Fujimori [jubeat copious]
13. bass 2 bass -dj MAX STEROID Remix- / Ryu☆ [cyber beatnation 2 -Hi Speed conclusion-]
14. GRADIUS 2012
15. New Decade / Sota F. [DanceDanceRevolution X2]

名物のコヤジギャグを生で聴けたのはちょっと感動モノでしたが、
「モノレールはもう乗れる?」…うーん、文章にすると切ないw
で、恒例のコヤジは皆わかってるらしく。

Sota「朝食食べて?」\超ショック!!/
Sota「母艦が?」\ボッカーン!!/
Sota「これ舐めて?」\クレオパトラ!!/

かねてより「Sota Fujimoriのサウンドは他の誰よりも抜群にいい」というのは聞いてましたが、
とにかく心臓を叩くようなキックの音が恐ろしく良かった。
多分一番盛り上がったのは「GRADIUS 2012」の時かな。
「Fly above」は嫁曲なので全部歌ってました。

■04. wac
01. ピアノ協奏曲第1番 蠍火 / virkato [beatmania IIDX 11 RED]
02. Votum stellarum -forest #25 RMX- / iconoclasm [pop'n music15 ADVENTURE]

wacさん、DJじゃないしどういうセットリストで来るのかと思ったら、
指揮者に扮してバックにオーケストラの静止画をスライドビューしつつ、映像ネタw
途中、カデンツァで超絶演奏するのかと思いきや、「ただし、エアカデンツァ」とのテロップ。

まぁ、ちょっとバテ始めてきた観客にとって、しばしのお休み。

■05. dj TAKA
01. quaver♪ / Risk Junk [REFLEC BEAT limelignt]
02. 不沈艦CANDY / Risk Junk [beatmania IIDX 16 EMPRESS]
03. Second Heaven (Risk Junk Remix) / Ryu☆ [cyber beatnation 2 -Hi Speed conclusion-]
04. Candy Galy / Risk Junk-G [beatmania IIDX 14 GOLD]
05. four pieces of heaven / Lion [beatmania IIDX 15 DJ TROOPERS]
06. 冥 / Amuro vs Killer [beatmania IIDX 12 HAPPY SKY]
07. Hollywood Galaxy / dj TAKA [REFLEC BEAT]
08. Broken / dj TAKA feat.AiMEE [REFLEC BEAT]
09. 天空の夜明け / Cuvelia [beatmania IIDX 19 Lincle]

前回のbeatnation summitでうまくいかなかった「Votum stellarum」のリベンジから入って、
前回では大トリだったdj TAKAが、HAPPY HARDCOREを中心に組んできました。
今日一番の絶叫タイムは「Second Heaven (Risk Junk Remix)」の、
8からのカウントダウン→「Somebody's screeeeeeeeeem!」じゃなかったですかね。

ここでいったん休憩。
休憩中、先ほどTAGTAGと叫んでた女子は、
隣の女性(友達?母親?)にしがみついて、感動のあまり泣いていました。

さて、ここで休憩したいわけですが、
誰一人会場から動こうとしないおかげで、身動き一つ取れずにそのままステージ再開。
まずいなー、これから出てくる人、テンションのあがる人たちばかりじゃないか…

■06. DJ YOSHITAKA
01. FLOWER / DJ YOSHITAKA [jubeat knit APPEND]
02. ALBIDA / DJ YOSHITAKA [jubeat ripples APPEND]
03. Elisha / DJ YOSHITAKA [beatmania IIDX 17 SIRIUS]
04. Evans / DJ YOSHITAKA [jubeat]
05. Unicorn tail / DJ YOSHITAKA [CS beatmania IIDX 16 EMPRESS]
06. IIDX REDエンディングテーマ / DJ YOSHITAKA [beatmania IIDX 11 RED]
07. GOLD RUSH / DJ YOSHITAKA-G feat.Michael a la mode [beatmania IIDX 14 GOLD]
08. I'm so Happy / Ryu☆ feat. Lucky Vacuum [cyber beatnation 2 -Hi Speed conclusion-]
09. Colorful Cookie / Lucky Vacuum [beatmania IIDX 16 EMPRESS]
10. SPECIAL SUMMER CAMPAIGN! / Lucky Vacuum [REFLEC BEAT]

冒頭からしゃべくり番長がエロい声でしゃべるしゃべる。
んでもって後半は「GOLD RUSH」「I'm so Happy」など全員絶叫系。
大好きな「Colorful Cookie」も聞けたことだし、
最初のハードさからどんどんPOPになっていくのもRyu☆のイベントに合わせて?みたいな感じ。

で、このあとDJ YOSHITAKAが「この後もビッグなアーティストが」って言ってたし、
VJが一瞬L.E.D.って文字を出したからそのまま移行するのかと思いきや、会場に響く「ウィザウチュナイ♪」

■07. VENUS
01. Survival Games / VENUS [REFLEC BEAT]
02. 1/3の純情な感情 / VENUS [REFLEC BEAT limelight]
03. Far Away / VENUS [REFLEC BEAT limelight]

DJ YOSHITAKAが歌って、Sota Fujimoriがショルダーキーボード、曲調が90年代DIGITAL POPという、
まさしくaccessなユニットVENUS登場。
どこで「1/3の純情な感情」のカバーなんかやってたのかって感じでしたが、
SHAM SHADEのころに散々歌ったので難なく覚えてて、ここもやたら盛り上がった。

「あっち」「こっち」「さんぶんのいっち」で、曲入り…どうかと思ったけどw

■08. L.E.D.
01. YAKSHA / Neulakyussra [beatmania IIDX 19 Lincle]
02. EXUSIA / L.E.D.-G [beatmania IIDX 17 SIRIUS]
03. ANAGRAMS I to Y / Mayumi Morinaga [beatmania IIDX 19 Lincle]
04. XANADU OF TWO / T.Kakuta With Starving Trancer + 森永真由美 [beatmania IIDX 18 Resort Anthem]
05. 恋する☆宇宙戦争っ!! / PRIM [beatmania IIDX 19 Lincle]
06. TITANS RETURN / L.E.D. [REFLECBEAT limelight]
07. DIAVOLO / 度胸兄弟 [beatmania IIDX 19 Lincle]
08. PARADISE LOST / Ryu☆ vs. L.E.D.-G [beatmania IIDX 18 Resort Anthem]
09. THE DETONATOR / teranoid VS L.E.D.-G [CS beatmania IIDX 14 GOLD]

火神的本命その一、L.E.D.が登場した瞬間はそりゃもう静かでしたw
いきなりLincleのボス曲から出だしましたが、
今回の見どころは「ANAGRAMS I to Y」「XANADU OF TWO」「恋する☆宇宙戦争っ!!」のmoimoiとのコラボと、
「DIAVOLO」のwac&L.E.D.の度胸ステップでしたw

ちなみに、「恋する☆宇宙戦争っ!!」のところだけ、
客の反応がクラブのそれではなくオタ芸してるやつらと同類でした。あと、moimoi歌詞ど忘れしてたねw

■09. kors k
01. Release the music / kors k [beatmania IIDX 19 Lincle]
02. The Sampling Paradise / Mamonis [beatmania IIDX 19 Lincle]
03. Kailua / kors k [beatmania IIDX 18 Resort Anthem]
04. Mind Mapping (kors k mix) / Ryu☆ [cyber beatnation 2 -Hi Speed conclusion-]
05. Flip Flap / kors k [REFLEC BEAT limelight]
06. Wuv U / kors k [REFLEC BEAT]
07. PARANOiA (kskst mix) / 180 [DanceDanceRevolurion 2ndMIX オリジナル・サウンドトラック presented by Dancemania]

本命その二、というか大本命は、まさかの大トリ前ということで、
もう既に尽きかけてる体力を総動員。
まずMamonisの曲でテンションを山ほどあげ、「Kailua」で悦に浸り、
「Flip Flap」「Wuv U」で気持ちを軽くした後、「PARANOiA kskst Mix」で脳汁をふきまくるという、
ある意味完璧に構成されたセットで、若干だれ気味だったフロアを一人で戻したという感じ。

実は流してほしかった曲は流れなかったんですが、
「The Sampling Paradise」を流してもらえるとは思わなくて、結構感激した。

■10. Ryu☆
01. passionate fate / Ryu☆ [beatmania IIDX 18 Resort Anthem]
02. KOROBUSHKA (Ryu☆Remix) [AGEHA / REFLEC BEAT]
03. 中華急行 / Ryu☆ [REFLEC BEAT limelight]
04. Sakura Sunrise / Ryu☆ [DanceDanceRevolution X2]
05. Sakura Reflection / Ryu☆ [REFLEC BEAT]
06. Water Horizon / 青龍 [AGEHA / jubeat plus]
07. Ultramarine / 青龍 [Rainbow☆Rainbow / jubeat plus]
08. Thunderbolt / 雷龍 [beatmania IIDX 19 Lincle]
09. Go Beyond!! / Ryu☆ Vs. Sota [CS beatmania IIDX 13 DistorteD]
10. starmine (Hommarju Remix) / Ryu☆ [cyber beatnation 2 -Hi Speed conclusion-]

で、主催のRyu☆が再度登場。
HAPPY HARDCOREから強烈なサウンドをゴリゴリ聞かせてもらって、
最近気に入ってきた「Go Beyond!!」もフルで聴けたし、大満足。
ここで終了。
これは当然アンコールするにきまってる。
ただこのアンコール、今回来た観客はあんまり慣れてないのか、
とにかくどんどんペースが上がっていって、誰かが仕切りなおすという悪いルーチンになってしまい、
結局5回くらいやった後に、モニターに浮かぶのは「待たせたな」

■アンコール01. SUPER STAR 満-MITSURU-
01. SA.YO.NA.RA. SUPER STAR / SUPER STAR 満-MITSURU- [beatmania IIDX 19 Lincle]
02. She is my wife / SUPER STAR 満-MITSURU- [beatmania IIDX 17 SIRIUS]

おそらくですけど、このSUPER STAR 満-MITSURU-って男の正体はTAGです。
なので、「待たせたな」のテロップが出てきた瞬間の後ろの絶叫で耳が震えました。

で、どっちもbeatnation recordの人たちがPVに登場すると曲ということで、
舞台上であのPVの再現をやっていました。
「SA.YO.NA.RA. SUPER STAR」はコント。「She is my wife」は踊り、かな。

で、スーパースターとお別れしたあとにまた「もう一回コール」
そのあとRyu☆がたどり着いて言った言葉。「スーパースターのイベントかっつーの!」

ここで全員の出演者が出てきて告知やら感想やらをしていったわけですが、
その中で噛みまくるmoimoiと、照れくさそうにしてたwacが印象的でした。


■アンコール02. カーテンコール
01. rainbow rainbow / Ryu☆ [beatmatnia IIDX 10th style]

で、今回のアルバムのタイトル曲にもなってるこの曲で盛り上がり、
イベントは終了。

投稿者 火神俊哉 : 23:31 | コメント (0)

東京遠征記(3)


東京という土地は言うまでもなく日本の首都であり、
経済の中心でもありますゆえ、人がいっぱいいます。
人間の滞りはそのまま経済の滞りにもつながりますので、
「交通網」というのは非常に重要であり、東京はそれが恐ろしく発達している場所です。

ただ、発達しすぎてて整理が追いついてないのか、
非常に複雑で、3駅に一つくらいの割合で何かしらの線との乗り換え駅になってる感じです。

で、船堀~Zepp Tokyo・青海までの行き方ですが、

船堀から都営新宿線で森下へ。
森下で都営大江戸線に乗り換え月島まで。
月島から東京メトロ有楽町線に乗り換え豊洲へ。この間一駅。
豊洲からゆりかもめに乗って、青海へ。

…東京に初めて来た地方民をあざ笑うかのような、この乗換ラッシュ。

まぁ、たとえ乗り換えをミスってもまだ時間はあるし、
何よりさっきから初ライブ参加ということもあって緊張しっぱなし。

ライブと言っても2000人のクラブイベント。
ただクラブにしては2000人というのはむちゃくちゃ大きな規模という事前情報。
もちろん熱狂の場所であると同時に、世間的にはちょっとダーティなイメージで描かれることもしばしば。
どんな客層がクラブイベントに来るやつらなのか想像もつかない。
しかも、このイベント4時間の長丁場。

事前情報だけでも不安いっぱいなのに、
その事前情報さえあまり参考にならないという、まさにうあぁぁぁぁな状況で、
最悪の状況を何パターンか想定に入れながら、豊洲駅前の商業施設でねぎ豚丼を食ってました。美味かった。

ひとまず、Zepp Tokyo近隣の設備がどんなのかも分からないので、
豊洲駅のコインロッカーに荷物を預け、チケット握りしめていざ、ゆりかもめ。

で、青海って場所なんですが、
海沿いのヴィーナスフォートっていうレジャー施設がでっかく構え、
さらに湾岸道路を挟んで反対側がそのままお台場という立地で、
しかも日曜、家族連れやカップルたちがいっぱいの、まさにアミューズメントな場所。

…に、どう考えても釣り合ってない、
やたらと黒率の高い服装、やたらメガネ率の高く、極端なガリガリかデブが目立つ。

考えてみれば、いくらクラブイベントとはいえ、根っこはゲーセンのゲーマーどもだ。
そう思った瞬間、すごい安心感がありました。大丈夫、皆、友達だ。

時間的には開場まで2時間くらいある中、
Zepp Tokyoの前にはもうすでに長蛇の列。
事前情報には無かったのですが、どうやらグッズの先行販売をしてるらしく。

海風が吹く日陰、という凍死必至の状況で30分くらい並んでみましたが、
次々とグッズが売り切れていく状況を見て、物販は早々に離脱。
階を上がって下を覗いてみると、
自分が思っていた以上に列が長く、そもそも開場までにこの列が解消されるわけもなく。

ただ、ちょっと安心したといってもまだ不安感たっぷり。
何か、なにか開場までに準備できることといえば… 酒 か !

「成人であればちょっとお酒を飲んでみる」ってkors kさん言ってたもんな。
出来れば景気づけにジーマかラムコークなんかあればよかったけど、
多くを求めても仕方ない、スミノフアイスでちょっとだけリミッターを解除。

そうこうしてる間に、開場数分前。
会場前は物販の列から入場の集合場所へと変貌しています。

投稿者 火神俊哉 : 23:11 | コメント (0)

東京遠征記(2)


1/28(土)。
仕事です。セール中です。
しかし休憩を返上してまでフルスピードで仕事を終えました。
行きは深夜バスです。しかも格安ツアーなので、4列です。
その昔、新潟へ行く時にも深夜バスを使った経験があるので、
きついって言っても大丈夫だろうと思ってましたが、あの時は阪急バスで3列でした。

…これは、壇ノ浦レポートの気持ちがわかる…

まず狭い。まっすぐ足を伸ばすなんて不可能。
次にリクライニングはできない。倒せる仕様はあるものの、狭いゆえに倒すとすげー迷惑。
そして暗い。就寝のつもりだからいいんだろうけど、こんな状況で寝れない以上、
時計の灯りさえさえぎられて完全情報隔離されてると、バスがいつまで続くかわからない。
初めてだ、MP3プレーヤーの稼働時間で時刻を計ってたのなんか。

途中3回休憩があり、
牧ノ原のコンビニ前でちょろっと夜食程度にカップ麺をすすってると、
物欲しそうに猫が三匹足元をうろちょろ。
しかも、ずっとこっちを見てみーみー鳴くもんだから、
ダメって書いてあるのに、おにぎりを一欠けら置いてしまいました。

しょーがないじゃんかあんなことされたら…(*´・ω・)
とにかく、ちょっとだけ疲れが癒されたのは事実。

そんな感じで、ぐったり感満点の火神俊哉を乗せて、
バスは新宿へと到着します。
この時点で、もうすでに頭の中は、「風呂入りたい」一色。
ライブの前にちょっとでも体力回復させるとかそういう気分ではなく、
スーパー銭湯の気だるい雰囲気で寝たい、という理由で、
新宿地下のロッテリアで朝食を頬張りながら、地図と携帯を駆使し、ライブ会場とは全く逆の、江戸川区船堀へ。

「東京健康ランド」という、東京最古のスーパー銭湯で、
今年3月にどうやら営業終了するらしく。
今後使えないのはちょっとためらったけど、早朝でもない朝という半端な時間で使えるのがここしかない。
敷地面積的にもかなり大きいし、ここでいいや。

(風呂・仮眠堪能中…)

(…1時間半後…)

使用前(´=_=)→使用後(*´ω`)

割と快適だったのでギリギリまでぐずぐずしたい気持ちもありましたが、
今回の目的はライブなので、遅れるとか馬鹿らしい。
何とか落ち着いた自分を今度は最高潮まで高ぶらせてライブに臨みたいというわけで、
いざ行かんZepp Tokyo!場所は…お台場。

投稿者 火神俊哉 : 22:00 | コメント (0)

東京遠征記(1)

どうも、火神俊哉です。
よくよく考えたら、去年の総括とかも全くやってないじゃないか。

…まぁ、いいや。
それよりも、今回は遠征記ですよ。

というわけで、事の発端は去年の11月半ば。
ちょうどツイッターを始めて、身内周りの近い所をぐるっとフォローし終わって、
「そろそろ有名人のフォローなんか始める?」と思い、
beatmaniaIIDXで活躍されてるkors kとRyu☆という二人のコンポーザーをフォローした直後くらいに、
UstreamでRyu☆のアルバムがリリースするとの情報。ゲストはdj TAKA。

そして、リリースパーティーを行う、と。
それに、dj TAKAをはじめとしたbeatnation recordsの面子が全員のってくると。

うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお…

で、気がつけば、
KONAMIの通販サイトでチケット予約していました。

そんなこんなで、今回は、
「EXIT TUNES ACADEMY Ryu☆ 3rdAlbum「Rainbow☆Rainbow」Release Party」に行ってきました。
場所は、Zepp Tokyo…東京です。

長くなりそうなので、エントリーわけますね。

投稿者 火神俊哉 : 21:11 | コメント (0)

2012年01月08日

年末年始の。

どうも、お久しぶりです。火神俊哉ですよ。

Twitterでは日々何かしら呟いているので、
リアルタイムな状況とかは今後そちらを見てやってください。
こちらは多分、長文専用になるかと思います。

さて、というわけで久々の長文。
年始のドタバタはまだ続いてたりするのですが、ひとまず年始恒例の年末年始録です。
今年は少ないんじゃなかろうか。

12/29 「どんのみ」

毎年恒例の飲み会&個人的にはCD発表会みたいな感じで、
もはや「欠かされると1年間の存在意義をまるまる失われる」重要度になってきました。

そんな飲み会に毎年恒例のように遅刻していく自分もどうかと思うんですが、
仕方ない。これも毎年同じ文句です。
「これもすべてあのバカ店長が悪いんです」理由まで去年と同じとかどういうことだ。

しかしそのあたりはさすができる幹事こと首領・ちゃりっきー。
きちんと見越して時間に余裕を持たせておいたおかげで、
時間には遅れましたが飲み会には最初から参加出来ました。会社ごと謝りたい。

今年は2人欠席ということで、
さすがに4人だと比較的穏やかな飲み会と相成りました。
や、それでも、一般人立ち入り禁止というか、内容のどこを切っても放送禁止レベルではありますが。


12/31「大晦日・仕事納め」

たぶん、一日中レジカウンターの中でレジしてた覚えしかない…
昨年までとは違い、前日を飲み会明けのグダグダを見越して休みを入れた分、
新店の客数増も相まって、なんにも覚えがないくらい忙しかったと思う。

あ、とりあえず、仕事納めから24時間経たぬ間に仕事始めという状況を抱える中で、
「仕事納めイエーイ」とどこからか送られてきた文字に憤慨した覚えはあります。


1/1「正月・仕事始め」

年変わる瞬間は、家庭用弐寺6thやってたかなー。
あと、紅白も笑ってはいけないも多分見てなかったと思う。なぜか第九聞いてた。

で、今年も正月から仕事に行くわけですが、
旧店に比べて新店のほうが、近所にでかい神社があるせいで、
大晦日とほぼ同じぐらいに忙しい仕事始めになりました。

で、肝心の人員はと言うと、
社員どもがどうやら年越し宴会を職場の休憩室でやらかしたらしく、
主催者で一番はっちゃけた店長が丸一日轟沈。

出勤してきたときに、休憩室の床で変死体を発見し、
その変死体がもぞもぞ動いて起きたら、ネイマールよろしくモヒカンな店長がまだ寝ボケてて、
二言三言言葉を発したら、今度は椅子の上でまた死んだという体たらくぶり。

結局、終始3人くらいで忙しい正月を迎える羽目になりました。


1/2~4「スキー行軍」

毎年、仕事から帰ってきたらそのまま車の後ろに積み込まれる強行軍ではありましたが、
今年は深夜出発に切り替え、一応ひと風呂ひと睡眠はできました。
で、今年は3年ぶりの野沢。…というか、こんな短いスパンで3回も同じところに行くのが驚き。

ところが、年末の激務が結構来てたらしく、
ついて早々、スキーゴンドラの中で体調を崩し、酸欠に陥って吐き気を催すという最悪のスタート。
なんとかゴンドラの中をゲロまみれにすることだけは避けましたが、
貴重な初日を低空飛行でスタートする事に。
そうでなくても今年は豪雪で、ただ立ってるだけで雪だるまになれる状況の中、
そんなに調子よく滑れるわけもなく、割と早めに切り上げて温泉にシフト。

2日目は快晴。なんかいつも2日目の朝はよく晴れて、昼から曇るというパターン。

今年は大学の先輩後輩(飲み助ども)へのお土産として、地酒を大量に買い込み、
自分のも合わせると計10本。いや、買いすぎた。
とりあえずお渡ししたいので、だれか交流セッションの前までに一回、酒の席を設けてくださいw

3日目は雪。ただし、外湯巡り。
寒いから風呂に入りっぱなし。雪もずっと降ってて、いつまで降ってるのかと思いきや、
帰りは滋賀あたりまでずっと降ってたという列島大寒波ぶり。
聞いたら大阪でも降ってたらしいです。帰り着いたときも相当寒かった。

というわけで、忙しいのはまだまだ続きますが、
ひとまず年末レポートとします。今から仕事なんだ行ってきます。

投稿者 火神俊哉 : 11:21 | コメント (0)