« 2011年05月 | メイン | 2011年07月 »

2011年06月26日

モノクロ・クロック。

…モノ・クロックだと、針一本の時計ではなかろうか、とか。l

どうも、火神俊哉です。
というわけで、宣伝ですよ。

作詞:桜華さん
イラスト:七世さん ねこにぼしさん みずきさん
衣装案:深紅さん
動画:ミネカさん

ピアプロコラボ「カオス.com」内ではこの曲だけなぜか順調に動画制作が進んでおりまして、
とりあえず、無事完走ということに相成りました。
ちなみに、わかってるだけで3人はJC・JKらしいので、
一番道化師の流れをくんでるのがここに来てしまったのではないかという懸念事項も。

まぁ、結構な人数の力が結集いたしましたし、
怪しげな曲ではありますが、ぜひ聞きに来てやってくださいませ。

投稿者 火神俊哉 : 09:46 | コメント (0)

2011年06月22日

で、どうしろと。

先日、仕事場の納品にて。

冷蔵の商品に交じって、
明らかに仕事で取り扱うはずない箱で大荷物がやってきました。
中身は、扇風機でした。

なんでも、節電対策とか。
ただなんの指示もなく、エアコンの代わりに使えとのことらしいです。

で、どこに置くんだいこれ。

案1・売り場。
 →いくら小型店とはいえ、扇風機一台で涼をカバーできるレベルではない。
 そもそも、売り場の冷房切って扇風機とか客に迷惑だと。
 あと、どこにおいても通行の邪魔。

案2・事務所
 →狭いうえに書類が多々あるため、
 扇風機稼動と同時に紙束が待って三時になるのは見えてるので使えない。

案3・休憩室
 →寒暖地獄なので扇風機でもあれば有り難いが、
 もともとエアコン無いので、節電対策にはマイナス。

…もうちょっと考えろや上層部。
というわけで、いまだ箱のまま倉庫に眠る扇風機。邪魔だ…

投稿者 火神俊哉 : 12:28 | コメント (0)

2011年06月18日

ちょっと気分転換。

…の前に先に宣伝。

ピアプロの方に「永久の旅路」を投稿いたしました。
どっちかと言えば、コラボに入り浸る前の曲に近い曲調ですよ。なんて言ったらいいかわかりませんが。
あと、別に自殺願望とかありませんから。

さて、本題…なんてものはほとんどないに近いですが、
なぜか高頻度でボーっと見ているのがこれ。

色々ある中で、楽しいひと時です。なんか疲れてんだろうか。

投稿者 火神俊哉 : 23:12 | コメント (0)

優先順位。

どうも、火神俊哉です。
なんかさっきから、親父の息がヤバいぐらい荒くて若干心配です。
何事もないようにお願いしますよ、ほんとマジで。

さて、仕事の方はまた人事的問題で混乱してきましたが、
とりあえず、顔も姿も見せない現店長の魂胆がなんとなく見えました。
また、作曲関係の関しても少々厄介なことになってまして、
当面、スカイプを導入できない火神としては、こちらも吸い上げられるだけ吸い上げられて蚊帳の外といった様相です。

CAGは無力です。
何もできない以上、自分にできることから詰めていくしかない。
今まで出来たからって、これからも継続して出来るとは限らない。
逆に、出来なかったものが意外とできたりする、ただ、それが続くかはまた別。

…で、まぁ、30にもなって少し時間もたったことですし、
一区切りとして一旦整理するのは、ありかもしれませんな。

何も引かない。でもガンガン足していく。
無駄なものは無い。無意味なものは無い。でもいらないものは捨てていく。

投稿者 火神俊哉 : 02:04 | コメント (0)

2011年06月06日

最長のハシゴ。

そういえば、ハシゴ酒の由来ってなんなんだろうかね?
あとでWikipediaあたりで調べておこう。

というわけで、火神俊哉@酒焼けです。
ようやく二日酔いから解放されたので、昨日の酒イベントに触れますよ。
端的に言うと、洋式に堕落したダメな大人の楽しい一日です、酔いどれ。
まぁ、大半はベルギービールのイベント録です。

むっちゃ長いので、興味のある人だけ↓


2つ前のエントリーでちらっと触れてる「ベルギービールのイベント」こと、
「ベルギービールウィークエンド」に行ってきました。

以下、公式サイトより引用。
「ベルギーの首都ブリュッセルのグランプラス広場で毎年9月の第1週末に開催される
ベルギー最大の ビールの祭典「ベルギービールウィークエンド」は、
2010年9月、東京の六本木ヒルズで初めての海外 デビューを果たし…」

本場のスタイルで飲む、本気のビールイベントです。
昨年のビアフェスタとはまた違う、正真正銘海外産の快楽が詰まった危ないイベントです。
ちなみに、たぶんご存じな方が多いと思いますけど、火神俊哉、ビールは苦手。

こんな危ないイベント、もちろん一人のわけがありません。
大学の先輩と後輩で構成された、愛すべき飲み友の方々がついています。
これでゲロっても倒れても大丈夫だぜ!
その代わり大丈夫なままだと、際限なく飲み続けるぜ!まさに諸刃の剣。

さて、このイベント。
チケット制の有料イベントでした。
まず受付にて、11枚のコインと専用グラスで構成されたスターターセットを渡され入場、
各ブースのビールをこのコインにて購入、専用グラスに一定量注いでもらって楽しむ仕組みとなっております。
ビールにはそれぞれ価格が設定されており、大体3~4杯にフードをつけて楽しめる構成になってます。
ちなみにこの専用グラス、試飲グラスではなく、
ベルギービール用の足つきゴブレットのため、容量は結構なものです。

それでも足りない人のために、コインの追加購入も行えます。
いや、これだけ飲めたら追加しなくてもいいはずなんですが…

さて、今回火神が飲んだビールはこちら。
詳細が知りたければ、公式ページ参照されたし。

1杯目・「ブルッグス・ゾッド・ブロンド」
苦みが少なく、フルーティな香りのするビール。
前情報(出所・ユーリ君)では前日のイベントで完売してしまったらしいので、無くなる前に飲もうという動機。
結果的には、昼ごろには無くなってたので、飲めてよかったね、的な。

2杯目・「ベル・ビュークリーク」
クリークの名の通り、チェリービール。
職場に別のクリークがあるんで、気になって2杯目に持ってきてみた。
他のメンバーの感想は「思った以上にビール」でしたけど、火神の感想は「思った以上にチェリー」でした。

ここで、ちょっとフード買い出し。
フライドポテトにビールソースをかけた名物料理美味し。
ちなみに、売り子のお姉さんに2杯飲んだことを告げると、「ペース早いですね」とのこと。
この時点で、まだ開始して45分程度。

3杯目・「ブーン・グース」
誰もランビックを飲もうとしてなかったというだけでチョイス。あと、前2杯が樽でこれは瓶。
たぶん、一番国産のピルスナーに近かったんじゃないかという感じ。

4杯目・「ゴイヤス・トラディション」
隣のボックが早々に完売になったことで若干スルー気味だったりしたけど、
苦みが少ない、後味がすっと消える、残るのはレモンにも似た爽やかな酸味。
下手したら一気飲みしそうなくらいに抵抗がないビールで、正直これはカルチャーショックだった。

さて、この時点でチケットが1枚余り、ビールは打ち止め。
でも、どうにも気になる+ここまであまりに無難すぎて冒険してないと踏んで、
無謀にもコインを買い足し、足したコインを全部つぎ込んでいざ5杯目。

5杯目・「ロシュフォール10」
職場に売ってるやつで、公式ですら「ベルギーで最もアルコール度数の高いビールのひとつです」という11.9%。
重いとしか言いようがなく、できるならゆっくりと飲みたいと思えるダークエール。
メンバー全員、一口目は顔をしかめました。

今回、火神を含め総勢5名で飲んだくれてたわけで、
当然のように人が飲んでるビールも回し飲みしてるわけで、
数えてみれば計15種類のビールをまぁ飲んでげらげら笑って。

こりゃ、ビール苦手を返上せねばなるまい。
飲み方さえ注意すれば、ビールもおいしく飲めるということですな。

さて、大体みんなのコインが無くなったあたりでイベント会場から離脱。
今日はこれでは終わりませんよ。
この後は、以前映画「マチェーテ」を見に行ったあとに訪れて、
大変なテンションでテキーラをあおってたメキシコ料理屋へ移動。
ちなみに、まだ15時です。

-飲兵衛意気揚々飲食中…Now Drinking…-

2件目を出てもまだ明るいというこの日。
途中スタバで意識と肝臓の回復を計り、先輩が働いてる職場へ押しかけ、
その先輩も後合流となっていざ3件目は、一気に格式高くなってオーセンティックBAR。
最終的には日が変わる直前あたりまで飲んでたという。

開始が11時、途中休憩は含めますが終了が23時。
まるまる12時間酒を飲み続けた一日。
こんなに、次の日のことを考えなかった飲み会は久しぶりではないかと。

そして、次の日のグダグダぶりたるや、嗚呼。

というわけで、ガチ楽しかったです。
当日のメンバーもそれ以外の方も、また飲みに行きましょ。

投稿者 火神俊哉 : 21:22 | コメント (0)

2011年06月05日

ネタがない。

どうも、火神俊哉です。

現状、タイトルどおりです。
ここしばらく仕事状況がひどく、ブログに値する真っ当なネタがどうにも見つからないという、
日々予定調和、平坦な毎日です。水準が最低レベルですが。

とりあえず、宣伝です。
ピアプロに「Running Higher」「十六夜天舞」の2曲を投下してきました。
どっちも歌詞は人様のものですよ。
クオリティが曲先と曲後で大きく違うということがよくわかる2曲になってますよ。

投稿者 火神俊哉 : 00:08 | コメント (0)