« 2010年10月 | メイン | 2010年12月 »

2010年11月28日

少し音楽話。

どうも、火神俊哉です。
今年も近づいてきました年末。皆様いかがお過ごしですか?

今回は長文かつ最後は「どんのみ」メンバーに対する私信ですので、
興味がなければスルーしていただいても結構でございます。
「どんのみ」の人は最後まで読んでね。

というわけで、今年も恒例のCD作りをしているわけですが、
やべぇ今年マジで曲数足りない。
少なくとも新規であと2曲+イントロは欲しい所です。
昨年、某K氏に「もっと大衆に迎合した音楽作れよ」と言われましたが、
ふたを開けてみればDANCE PIANOとかJUMPSTYLEとか、
より一層スキマジャンルに手を出してて、色々ひどいです。

さて、これは音楽に限ったことではないですが、
製作活動においてに一番必要な物は、
機材、才能、時間、知識など色々ありますけど、
一番大切なのは「モチベーション」ではないかと考えます。

私の場合、毎年CDにして飲み会で配るというのをモチベーションにやってますが、
こんなモチベーションの保ち方してる人ってたぶん珍しいと思います。
普通はライブをするためとか、メジャーデビューのためとか、
そういう大きな目標を持っている人が多いでしょう。
そうでなくても、ニコニコなんかで有名になることを目標にがんばってる人も、
特にVOCALOID使ってる人は多いんじゃないかと思います。

そういう高い目標を持ってやってる人に比べると、
やっぱりどう見ても、火神の目標は低いわけです。
で、最近そういう大きな志を持った人と話をする機会があったんですが、

なんというか、ひどい温度差。
あと、私と比べ物にならないくらい音楽への依存度が高い。

自分の環境を脱するために音楽をしてるとか、
それこそ、自分の好きな音楽ジャンルを世の中に広く認知させるためにとか、
大体メジャーな自称音楽家たちがリップサービスで言ってると思ってたことを、本気で語られました。

どっちかというとゲーマー上がりの音楽屋・火神俊哉なので、
「楽しければいいじゃん」というスタンスで音楽を作ってるはずなんですけど、
こういう人たちと理想を語っていくと、
ことごとく自分の不幸自慢ついでに音楽を語られるので、話についていけないんですよね。

これで火神俊哉の作品がその人たちの歯牙にもかからないようならば
「レベルが違うんだな」という別世界な感じで酒を飲んでいるのですが、
その人たちには火神の音楽を認めてもらったのと、
その人たちの音楽に対して火神はまだまだいい曲に仕上げられる余地があると思ってしまってるので、
その人たちには申し訳ないですけど、正直、同じ土俵での熱の違いを感じてしまった、ということがありました。

で、その人いわく、
「本気で音楽やっているんだから自分の作品を安く言われれば怒りも湧いてくる。」っていうんで、
40分1500円を最低ラインとして年末に配ってるCDに値段をつけて売ってみてはどうか、と言われ、丁重にお断りしました。

毎年の目安が80分なので3000円って普通のCDの値段ですよ。それは無理だ。

というわけで、今年の飲み会参加の5名。
金を払って買えとは言いませんが、今までのCD含め火神の曲に値段をつけてみてくださいよ。
無理に高い金額つけろってことじゃないですよ、
友人の目抜きにして、いくらなら買っても損がないか聞いてみたい訳です。よろしく。┏○

投稿者 火神俊哉 : 19:13 | コメント (2)

2010年11月07日

久しぶりに、宣伝ですよぉ。

おい、パイ食わn(ry

というわけで、久しぶりに宣伝なんぞ。

時系列的には前作の「記憶ノコリ」よりも先にできた曲ではありますが、
イラストを待った結果、美麗絵師・左心房さんにイラスト頂いてハスハスして今に至ります。
ま、猫なんて歌詞は一つも入ってませんが猫です。
そして猫といえばロックなんです。これは宇宙の真理です。嘘です。

とりあえず、懇意にしていただければありがたいかと思います。

投稿者 火神俊哉 : 23:05 | コメント (0)