« 2010年05月 | メイン | 2010年07月 »

2010年06月30日

【サッカー】終わったー。\(^o^)/

セール含めて1週間丸々仕事とかねーよ。
しかも初日に左手首負傷したし、これも労災で何とかして頂きたいところ。

というわけで、どうも、火神俊哉です。
まぁ、仕事がくだらないのはいつものことなんで、
昨日のW杯、日本vsパラグアイの試合感想でも。

感想:選手個々恥じる必要なし。
    ただし、日本サッカーとしては記録以外の何も残せなかった。

今回、南米のチームが悉く好調でベスト8に4チーム残ると言う感じではありますが、
他の南米のチームと比べても、もともとパラグアイは伝統的に守備が強い国です。

そういう意味では、本田△の1トップと言うよりもほぼ0トップな日本が得点を取れるチャンスは皆無で、
デンマーク戦の3-1というスコアに自信をつけたマスコミの方々が多かった感じですが、
最初から0-0PK戦勝負と言う線が、実は一番妥当でそのとおりになったという感じですかね。

オシムの言うとおり、PK戦はドローゲームみたいなもんですから、
くじに外れた程度のショックしか持たなくていいとおもいますよ。
外した駒野を責める人も慰める人もいますけど、
そんなことは関係ないくらいにパラグアイと言うチームが強かったし、
それに対して日本が力負けしなかった、ただ、とりあえず勝負には負けたと言う程度ですかね。

ただ、今回の大会で日本チームが得た物は、
アウェーW初勝利とか本田のフリーキックの映像とか過去に残す記録ばかりで、
個々の選手には其々あれど、日本サッカーとして未来に伸ばせるものが何もないんですよ。

一番の原因は、アンカーフォーメーションを継続するのか否か。

あのサッカースタイル自体、イングランド戦以降のシステムで、
それまで2年やってきた4-2-3-1をあそこで捨ててアンカーフォーメーションにしたわけです。
で、あれをナショナルチームとして継続するなら、今後育成する若手の方針もきっちり決まっていくでしょう。
必要なのは、人に強いセンターバック、スペースを埋められるアンカー、ボールキープができる1トップに、
サイドは前後ラテラル二人、トップ下の2枚はアタッカーやファンタジスタではなくレジスタタイプなので、
育成側にとっては、ナショナルチームに受け入れられやすい人材を育成するのに割とわかりやすい方針を採っていけるんですよ。

ところが、岡田が明言したかどうかまでは記憶にないですけど、
誰もが、「本来日本がやりたいサッカーではない」と口にするわけで、
もしそうなら、3戦全敗してもやり方を変えずにW杯を戦って、
敗退してから「日本がやりたいサッカーと言うのは世界に通用しなかった」と認識できたかもしれません。

ところが、直前になってアンカーフォーメーションに替えたもんだから、
本来日本がやりたかったサッカーが通用したのかどうかが、わからないんですよ。
で、たまたま守備重視の4-3-3(というより4-5-1)+本田1トップと言う奇策が功を奏し、
ノーマークだったカメルーンとデンマークに勝ち、オランダと接戦を演じると言う結果になりました。

でも、奇策や奇襲って、2回通用しない。
カメルーンは協会とチームの間にごたごたあったし、
デンマークは日本には勝てると慢心してイタリアへの対策してたくらいですから、
そういうのも含めての勝利ではあるでしょう。

実力の差が結果の差でないことが大いにあるのがサッカーですから、
正攻法で勝っても奇策で勝っても1勝の価値は一緒です。
ただ、その1勝を得る計算ができるかできないかというのは大きな差ですので、
今後奇襲奇策を基にしたゲリラチームを作るのは、方針として間違っています。

そういう意味で、今回成功したアンカーフォーメーションは、
日本サッカーの伝統として根付いて頂きたい

パスワークとハードワークをあわせて守備をするサッカースタイルなら、
カウンターやセットプレーで1点とって後は逃げ切るサッカーをするという計算が立てられる。
また、そういうサッカーに対して、
「流れの中からの得点」「相手DFの守備網を崩す」ということを、マスコミは至上命題にしなくなるでしょう。
今の日本サッカーの一番の停滞瘤は、サッカーをしなくなった連中のサッカー観ですから。
(ブラジル系解説者がいるテレ朝系列では、最後の最後まで妄言を吐きそうですが。)

さて、これで日本戦は終了と相成りました。
今後は応援交じりではなく、すっきりと観戦に集中することができます。

オランダ vs ブラジル
ウルグアイ vs ガーナ
アルゼンチン vs ドイツ
パラグアイ vs スペイン

どれも屈指の好カードですよ。
しかも、オランダvsブラジルを含めてはNHKですし、もう今後テレ朝独占の放映はないですから、
皆さん、一つ一つのプレーののクオリティを楽しみながら、眠れぬ夜をお楽しみくださいませ。

投稿者 火神俊哉 : 10:37 | コメント (0)

2010年06月23日

あーい、宣伝。

どうも、火神俊哉です。
ピアプロに新曲「記憶ノコリ」投稿しましたよ。
もうはっきりしてますけど、こりゃメタルじゃねぇな。

作詞は咎猫さんです。
お暇な方は聞いて頂けるとありがたいかもですよ。

そして、今のままの作曲ペースだと、
また年末の段階で曲数が足りないと言うオチに。
いい加減学習して早めに量産体制作ろうぜ、俺。

あと、ニコ動用の動画製作は完全に作曲の足を引っ張ると実感。

投稿者 火神俊哉 : 17:06 | コメント (2)

2010年06月16日

△。

どうも、火神俊哉です。
W杯、日本勝ちましたね。
特に後半、あんなにパスミスしてボールとられたのに、最後の最後でカメルーンに助けられましたね。

ルグエン、エトー嫌いなんだろうな…w

まぁ、戦評は今更やっても仕方ないでしょう。
結果オーライ、カメルーンありがとう、内容何とかしようぜってのは、おそらく全員の総意だとおもいます。

で、今日、mixiニュースを見て。
「本田△システムで強豪連覇」って書いてありました。

これを見て、初めて「本田△」=「ほんださんかっけー」と言うことを知りました。
mixiニュース△。

いや、よく目にしたのが「お塩△」だったので、
△が小ばかにしてる意味で使われているのはなんとなくわかってたんですけどw
サンスポ△。

投稿者 火神俊哉 : 12:26 | コメント (0)

2010年06月14日

島もの。

どうも、火神俊哉です。
交渉により勝ち取った日曜休日ですが、
大雨もあいまってやりたかったことがぜんぜん手につかず、
あまりにもいらいらしたので全部保留にして、酒の調達に行ってきました。大雨だってのに。

で。
予算を考慮した結果アイルオブジュラ10年を買ったのですが、
モンキーショルダー→タムナブーリン→ノッカンドゥとスムースな超ライトタイプが続いてた火神のウィスキー事情のおかげで、
久々に鈍重な香りで強烈なボディブローを持つモルトに、ちょっと面食らってます。
なんとなくビターチョコの香りがするので旨いのはわかるんですが、これは手を焼きそうです。

あ、多分軽く再現するなら、
高カカオのチョコ(75%くらいのやつ)かじって、スミスのグレンリベット飲めば近いかも。

一口目を飲む前に、既に口開けしてあるノッカンドゥを飲んでたわけで、
それと比較して鈍重、キックの重いモルトと思ったわけですが、
改めてストレートで飲んでみると、口当たりが丸く香りたつモルトだと思いました。

リベットに近いと言うのも思いますけど、アルマニャックにも近い気がします。
他のアイランズモルトはタリスカーしか飲んだことないので比較も仕様がないですけど、
噂を聞く限り、島ものの中では一番飲みやすいみたいですな。

てか、火神はオンザロックが好きですけど、
これに関して言えばストレートが一番旨い楽しみ方かも知れんですな。

投稿者 火神俊哉 : 00:39 | コメント (0)

2010年06月09日

風邪と理想と現実と。

あ、どうも、お久しぶりです。火神俊哉です。
風邪引きました。季節の変わり目には十分ご注意ください。
んでもってぶっ通しの連勤に諸々の用事が重なり、養生の時間もなく、
ようやく先日、丸々一日寝こけることによって若干マシになりました。

大体、1日薬を飲んでれば動いてても快方していた今までですが、
もう若くないんですかね、薬1箱(3日分)使い切りそうな勢いです。
ま、飲んでるのは夜だけですけど。

さて、最近の出来事といたしまして、
またほめらじの影響ですが、「あると」「みはる」をプレイしてみました……エロゲかよ。
プレイ感想は続きからどうぞ。18禁ですよ?

プレイ感想。

あんなに柔らかな声の一色ヒカルは初めてだw
あと、主人公が鈍いというよりも周りの人間の洞察力と慧眼が凶悪すぎる。
それと、こんな仕事場があったらいーなー…。

どうも開発陣の中にファミレスでの勤務経験がある人が混じってるみたいで、
接客態度のレクチャーとかPOSやレジの使い方の説明がやたら細部までリアル。
羨ましいのは「店長が有能で人望がある」と言うのと「勤務体制に余剰人員がいる」というので、
本来そうあるべきものがない火神の職場の現状と比較するとあまりに涙が出てきました。

だって、2次元レベルに可愛い女の子と仲良く働くという理想はあまりにも非現実的ですけど、
勤務に関する職場環境の理想は、改善の意識で手が届く距離にあるのに。

…というのが、「あると」「みはる」のプレイ感想でした。
というか、結局仕事の鬱憤じゃねーか。疲れてるんですって。

投稿者 火神俊哉 : 10:34 | コメント (0)