« 2008年01月 | メイン | 2008年03月 »

2008年02月22日

もう若くねぇだろ。

先日の日本vs中国の試合の内容がどの記事見ても酷いことに笑いましたが、
幸いというか生憎というか、あの試合は火神見てませんでした。

というわけで、火神です、どうも。
先日、バイト先の新年会がありました。
酒飲んで喋って飯食ってカラオケとかいう、おおよそ一般的なバカ騒ぎのスタイルですが、
学生の頃ならいざ知らず、もう若く無いなぁと疲れを実感。

というかね、カラオケがね。
21:30に始まって翌4:00までってどうよ。

面子的には副店長とDo-M氏、あと女の子一人の4人でカラオケへなだれ込んだのですが、
こいつら全員次の日休みで、火神だけが長勤シフトというまさに俺殺しな状態。
そして全員、酒飲んでテンション上がってドンチャカやってる間、
風邪を引きずっているのか、ずーっと頭頂部に痛みを抱えてマイク握ってました。

睡眠時間が4時間とか、学生の頃は大して辛くもなかったのですが、
よくよく考えてみれば、寝不足で登校しようが授業中寝てればモウマンタイだったのに対し、
寝不足で出勤なんぞしても相変わらず客は煩いしバイクには乗らなきゃならないしと、
自分にかかってくる負担が格段に大きくなっていることに、今気づきました。

歳のせいじゃねぇな、これは。

あと、生活のリズムが狂っているのを元に戻すのも、歳をとると難しいとも聞きますが、
大体朝昼夜とバラバラに仕事している火神に、生活のリズムなんていう言葉がそもそもありません。

そんなわけで、おそらく慢性化するであろう寝不足と偏頭痛を今も抱えつつ、本日は夜勤です。

投稿者 火神俊哉 : 11:13 | コメント (0)

2008年02月15日

指紋。

えー、火神俊哉です。
多少マシになったものの、近年まれに見るくらい長ーく風邪を抱え込んでいます。
いやー、何の前触れも無く咳がでます。
そのおかげで2回ほど副店長が誘うカラオケを断ったのですが、
こんな声で歌なんか歌えるかってのと抗議したら、やたら(´・ω・`)な顔をしました。

さて、先日、バイト先にて。

副店長:「どうもね、昨日の深夜ね、不法侵入があったみたいなのよ。」
俺:「不法侵入…?の割には、シャッター無傷ですよね?」
副店長:「夜勤がどうもシャッターの鍵を閉め忘れたか何かでね。セキュリティが作動したから実被害はなしで良かったんだけどね。」

なんというか、火神が此処で働き出す前にも数回、泥棒には入られてるみたいですけど。
そういえば、店舗じゃなくて倉庫の方も一度、鍵がこじ開けられてたことがありましたね。

今回、どうも色々調べた結果、金銭や物品等の被害もなく、
また防犯カメラに映っていたのも画質が悪すぎて目視不可というレベルの為、
なんとなくうやむやになって終わりそうな気がしますが、
おそらく今回の一番被害はコレ。

副店長:「でね、セキュリティに呼ばれて店長が今までいたのよ。」
俺:「あぁ、来てたんですか。」
副店長:「それで、被害届とか警察への対応とかを全部丸投げして、あの人帰っちゃった。」

俺:「つまり、これから警察が来るわけですね?」
副店長:「そ。で、火神君に仕事なんだけどね…(と、奥の荷物の山をちらりと見て)」

奥には、納品日にもかかわらず全く片付いていない荷物の山と、
それを荒い手つき…というか、どう見ても暴れているバイトの同僚Do-M氏。(店長不要論者+警察無能論者)

副店長:「大荒れの彼、僕では止められないんだけど。」
俺:「……店長が丸投げで帰って、これから警察が来るのか……」

とりあえず、散々出て来る店長への罵声をなぜか火神が被りつつ、警察の到着を待ち、
警察へもちょっかい出そうとする彼をなだめつつ、早々に指紋提供の場を取り仕切り…と、バランサーとしての本領発揮でした。

しかし、指紋採取ってなんかインクみたいなものでやるのかな…とか思ってたんですが、
なんか濡れた灰色のシートに指を押し付け、指を半回転させるように紙に押し付けて採取するもんなんですね。
全指だけじゃなくて、掌や手の側面部分、全部の指をあわせたものも取ったり。
手が汚れるのかと思いきや、そんな感じでもなかったし。
此処にも技術の進歩だなぁと実感しましたです。

進歩はともかく、せめて少しくらい成長してくれないかなぁ、うちの店員どもも…
(成長しない男二人を思いつつ、ため息。)

投稿者 火神俊哉 : 19:12 | コメント (0)

2008年02月07日

【サッカー】日本vsタイ

大事なW杯予選の初戦、4-1の勝利。
まぁ、雪も降ってましたし、芝も濡れてましたし、
なぜかタイ代表は累積による出場停止を見逃して混乱してましたし。

岡ちゃんになって最初の大きな公式戦で、
過去1-0の辛勝しかしてこなかったW杯初戦での大差。

結果的にはオーライ。
内容的には…相変わらずの日本代表の試合でした。
今回の試合のグズグズ感の原因は高原と中村憲。

高原に関しては正直あんなにコンディション悪いなら使う必要なかったと思えるくらい。
ゴールを見て打たない、キープできない、それ以上に凄く小さく見えた感じがします。
唯一、渾身の一振りと思えるくらいのコースに飛んだボールも、
キーパーの指先に弾かれて外へ出るような薄いシュートでした。
通常ならば、指先弾いてもゴールに突き刺すような弾道だっただけに、全然力が乗って無い気がします。

火神は常々、中村憲と鈴木啓太の実力には非常に疑問視しているんですが、
今回の鈴木はコンディション良かったのか、そこそこいい動きしてました。
まぁ、あのポジションでボール取らないと、センターバックが割と薄いんで大変ですし、
今回はちゃんと危機感持ってプレーしたんでしょう。

で、中村憲はとにかくシュート精度の低さが目立つ試合です。
ミドルシューターならシュートを打つ以外の選択肢を持っているはずで、
体勢の悪さやコースの開き具合によってはサイドへの展開やペナルティーサークル手前でのパス交換を選択しなければならない場面が何度かあって、
ことごとくシュートを選択し、全部バー上へ外してます。

たしか、オシムに「自分勝手なプレーはするな」と名指しで批判されてたはずなのに、
あまりにも判断悪い気がしますね。相変わらず。

さて、良かった点といえば。
非公開にしてきたセットプレーは、非公開にしてきただけの結果がでました。
直接1点、押し込み1点、コーナー1点、中沢のはサイドからのFKだったかな?
と、バリエーション豊富に点を決めました。

あと、駒野と内田の両サイドは今回かなり安定して高いパフォーマンスでした。
ちょっと内田に関してはアーリークロスや中へのパスが多かったかなとは思いましたが、
サイドチェンジの受け側としても、トップスピードでのオーバーラップにしても目に見えてよかったですね。
駒野も今はきっちり左での起用と決まってますので、
両サイドを器用にこなせるが故の判断の遅さが解消されてきたように思います。
DFのポジションですから、三都主が帰ってきても駒野のほうが使えるでしょうし。

あと、雪がちらちら舞うあの天候で、それ故に冷たく濡れたあのピッチ上で、
播戸が半袖で出てきたことにびっくりしました。何だこの小僧。

投稿者 火神俊哉 : 10:36 | コメント (0)