« 2007年11月 | メイン | 2008年01月 »

2007年12月20日

間違い探し。

火神の職場は、基本的には店内です。
小売業ですから、基本的には商品を売ることが仕事です。
商品には値段がついてますから、
そこには必ずプライスカードが貼ってあります。

あの、「(商品名) ¥159」って書いてあるやつです。

うちの店にはその値段表記の他に、簡単な商品説明も書いてあります。
この商品説明、店舗単位で管理するのではなく、本社でどうも一括管理しているようなのです。
つまり、店舗では説明文は変えられないということです。

で、この、店舗で変えられない説明文がとにかく誤字の多い代物でして。

とりあえず、途中切れはアタリマエ。
例:「産地各種あるものから、特によいJA (から厳選したうんたらかんたらと続きそうな感じ)」

商品の内容が違うこともしばしば。
例:「チューハイ 11缶アソート」(←実際は12缶アソート)

中にはとんでもない単位の物も。
例:「チーズ量り売り 10kgあたり ¥54000」(100g ¥540の方が現実的)

意味不明の説明文も。
例:「ラベル下部の5桁の数字はコニャック市の郵便番号」(…ブランデーの説明は?)

中でも、やっぱり多いのが誤字。
とりあえず、列挙すると。

「ナッツ ミクッス」(…ミックス?)
「こぶつちょこ」(…こつぶ?)
「ミンカン 米酢」(…ミツカン?)
「味に自身あり。」(…自信?)

他にもまだまだ沢山あって、暇な時には店内を見てまわる傍ら、
プライスの説明文の粗探しなんてのも楽しんでます。
不思議なことに、探せば探すほど見つかるんですよね。


で、本日見つけた、プライスカードの説明文。
日本ではあまり聞かない、ラトビア産のスパークリングウォーターの説明文がこんなものでした。

「美しい自然豊かな北欧をのぞむラトビアで生まれたスパークリング」

店長も副店長も気づかなかったんですが、
火神は一目見て吹き出してしまいました。

ラトビアってのはバルト三国の一つなので、旧ソビエト。つまり北欧じゃありません。
地理的にはスウェーデンから見て海を越えて東側ですね。

つまり、この説明文だと、
美しい自然豊かなのは、北欧であってラトビアでは無いんですよね。

もうね、「消防署の方から来ました」って言う訪問販売の詐欺を思い出して爆笑しました。
いや、笑ってる場合じゃねぇ、こんなん書いた本社の奴出て来いって。(未だに腹痛い)


ラトビアの場所を見るために、
初めてgoogleマップで検索。

おお、面白いぞこれ。航空写真なんかでやたらリアルだ。

…で、興味本位で家の近辺なんか検索してみたのですが…
3件隣の大きな風呂屋や、いつ行っても老人で込み合ってる街医者なんかの表記がなくて、
店の隣の、もうとっくに廃業した医院が乗ってて不思議。

なによりも、商店街の端の端である、実家のクリーニング店が表記されてた…なんでだGoogle?

投稿者 火神俊哉 : 01:05 | コメント (2)

2007年12月16日

魅力あるものを作るために。

どうも、火神俊哉です。
夜勤明けで眠いです。
特に昨日は夜勤の方が遅刻して、仕事量が目も当てられませんでした。

…ま、こんなこと書いてると今回の趣旨からは完全に外れてしまいますので、今回はここまで。

さて、まずはさわりとして、報告を。
とりあえず、年末配布のCDの予定が立ちましたので、
一曲聴きながらでもそのラインナップを眺めてやってください。

「出会えてよかった。」

聞きにくい人はこっちをクリック。


Voga-ANcoM Academyが送るセカンドアルバム「Duel the Euphoria」

1.power hitter,gem crasher
2.がんがれ、もまいら。
3.Battle in corridor
4.翡翠空アリスマテリア
5.lost final-magic(東方永夜抄 ~ Imperishable Night.より「恋色マスタースパーク」)
6.小さな花の歌
7.Dr.Dragon's Tear
8.Duel the Euphoria(Theme of S-1 GP.)
9.崑崙Afternoon Tea(東方紅魔郷 〜 the Embodiment of Scarlet Devil.より「上海紅茶館 〜 Chinese Tea 」)
10.Cosmic Concerto no.6 "crimson edelwiess"
11.Al vanquore!-アルヴァンクォーレ-
12.Lady Machina
13.ココロの宿る場所
14.出会えてよかった。

例によって年末の飲み会限定、身内だけの配布ですが、
それ以外に欲しい人はメールなりコメントなりくださいませ。
きっと泣いて喜びます。

さて。話は変わって。

当サイト含め、ここ数年で大生産されたといっていいでしょう。
それは、「ブログ」。
詳しい知識を持たなくても情報の発信源として効果のあるそれは、
瞬く間にネットの海に散らばっていきました。

まぁ、大多数のブログが個人趣味のものだったり、
更新停止してもはや残骸としか見えないものだったりと、色々ありますが、
中には書籍化され、より多くの人の目に触れる機会を得るものもあります。

で、そんなブログ本の一冊を古本屋で見つけ、購入したのですが…

…お腹痛い。笑いすぎて。

彼女との惚気話が中心の、ともすればイライラする内容であるにもかかわらず、
中には赤面必死の出来事にもかかわらず、
全部まとめて面白おかしく出来上がってました。

基本的に他人の惚気話は一人身が聞いてて面白いものではアリマセンが、
それらのものと何が違うかといえば、
色々要素はありますが、最終的には「そこに魅力があるか無いか」だと思います。

火神俊哉もクリエイターの端くれではありますゆえ、
この「魅力あるもの」を作成することの難しさは身に染みてよくわかります。
身近な作家さんや絵描きさん、音楽に携わる方々の作品と比べても、
火神の作品はお世辞にも「魅力あるもの」とは言いづらいな…というのが自分の感想です。

もちろん、自分フィルターが悪い方にかかっているのかもしれないとは思いますが、
悪い方にかかっている間はまだいいような気はしますがね。

年末にはボーカロイドの第二段も発売しますし、
そこそこの素材は揃ってきているが故に、
魅力が見出せないのはやはり自分の力量が全然足りて無い、そんな気がします。

とはいえ、焦っていいものができれば苦労はしない。
かといってじっくりやれば魅力的かといえば、そうでもない。
この辺の葛藤は、ものづくりに携わる者の永遠のテーマですね。

ちなみに、古本屋で見つけたブログ本の内容の続きは、下記リンク先で読めるはずです。

「腐女子彼女。パート2」

オタ趣味満開の火神にとって、腐女子とは痛さよりも面白さが勝つ女子です。
美人系だろうがそうでなかろうが、一皮向いた喋りに差は無いですからね。

書籍化にあたり、書籍部分の内容は削除されてしまっているようですが、
続きというか、この腐女子彼女は完全に終結しております。

なんというハッピーエンド。
羨ましいけど、妬ましくない、そんな著者さんと彼女に祝福を。(といっても、もう4ヶ月前の話ですが。)

投稿者 火神俊哉 : 14:29 | コメント (0)

2007年12月10日

カッとなって書いた。

ツンデレのし

今日、ちょっとだけ午前中暇だったもんで。
薄く下が透けてますけど、たいした事は何も書いてません。

どうも、火神俊哉です。
まさか20日間も日記を止めることになろうとは思いませんでした。
まぁ、理由は以下の通りです。

↓日記が止まった事象の成分表↓

・英雄×魔王 45%

バイトの友人から借りて…というか、ふんだくってやってるんですが、
もうね、さすがエスクード。やりこめばやりこむほどドツボにはまってます。
エロゲ云々がインスコしてあるPCはネット環境が無いため、
やりだすとネットに繋ぐことすら忘れt(ry

・仕事 22%

歳暮商戦に巻き込まれて、火神俊哉はもう既に皮膚が爛れてコゲコゲです。
それでも低所得者は粉骨砕身で働くしか生きる道が無いため、
帰ってくればもうネットに繋ぐ余裕すらないのですよ。

・真・三国無双4 猛将伝 20%

なーんにも考えずにただ通常攻撃とチャージを繰り返しているだけの楽なゲームですね。
立志モードばっかりやってますけど、無心でストーリーが進むので、
気が疲れたときには非常に重宝します。

・初音ミク関係のニコニコ動画 20%

たまにネット繋いでも、全部ニコニコにとられるニコ厨です。
特に初音ミクやばい。名プロデューサーが多すぎる。いい曲ばっかり。
仕事場に音楽データ持って行って、休憩室で聞いてると癒されすぐる。

・風邪 2%

たまの休みをこれで潰しました。

・その他 1%

まぁ、飲みに行ったりスケジュール調整だったり。

…全部言い訳ですが何か?
そんな感じで、年末のハードスケジュールを前にもはやぐったりの火神でした。
あ、もう年始まで休み無しは確定なんで。

投稿者 火神俊哉 : 21:42 | コメント (0)