« 2007年10月 | メイン | 2007年12月 »

2007年11月20日

今日の今日まで。

コメントが増えているのに気がつかなかった…
てんこ嬢、ヒロシ殿、すまぬ…

基本、1コメントに対し1レスのため、コメント数は偶数。
ところが、2つ見逃すと偶数で気づかないというこの過疎ぶり…はい、アホです火神。
というわけで、一ヶ月ぐらい経ってようやくレスりました。
でも、一ヶ月たってもエントリーが4つくらいしかないや。(死)

話は置いといて、日曜日のお話。

「○○という店のカレーラーメンが今月いっぱいなので、みんなで食いに行こうぜー。」

と、半年くらい会って無い大学の先輩からメールがあって、
皆さんで遊んできました。
普段、セッションの呼びかけにも応じられない火神俊哉が、ラーメンに釣られるとかどんだけ食い意地はってn(ry

まぁ、ラーメンは口実で、集まった先輩達と楽しく喋ってカラオケして酒飲んでました。
TRPGの方々はどうも酒トークの技能レベルが高く、
いつ聞いても腹抱えて笑ってるしか出来ない火神です。

また誘ってくださいねv

投稿者 火神俊哉 : 12:32 | コメント (0)

2007年11月18日

何ぞめでたい物やと。

ボジョレーヌーヴォー解禁。
…こいつのおかげで、俺の膝はやられちまったぜ。
……あ、後は頼んだ…(疲労のため、PCもつけず爆睡)

という日が解禁から3日経った今ようやく介抱されました。
こんばんわ、火神俊哉です。ワインは赤より白がいいです。

というわけで、毎年死に掛けてる気がしますヌーヴォーのセール。
とにかく、原価(ピー)円のワインを売値(ピー)円で売るわけですから、
店側としては利率(ピー)%のボロ儲け商品を是が非でも売りたいわけです。
多少の客の要望には、心で涙を流しても笑顔で接客いたしますよ。

…と、キム店長はほざいておりましたが、
この男、本日、クソ忙しい夕方の時間帯に事務所で寝てました。フルボッコ確定。

ま、それはおいといて。

ボジョレーヌーヴォーの生産量の半分が日本で飲まれていることが示すように、
日本でのヌーヴォーへの関心というのは、
ここ数年落ち込んでいるもののまだまだ世界的に見れば異常な盛り上がり。

というのも、日付変更線の関係で、
本国よりも早く、世界の先進国の中で一番最初に飲めるから、ということは割と皆様知っている話。
そうやって、お祭りムードを出すのは非常にいいんですが…


……日本より3時間ほど、ニュージーランドの方が早く解禁するって知ってますか?
(先進国の括りとしては微妙なところですが。)

投稿者 火神俊哉 : 01:12 | コメント (0)

2007年11月12日

どうしてもミハエル・クルムが

夜勤のNさんに見えて仕方が無い…

どうも、火神俊哉です。
本日は休みです。

15日のボジョレーヌーヴォー解禁以降、
今年はどう考えてもノンストップ仕事が待っている感じです。
まぁ、今月は飲み会が多く続いたので、
働けば働く分だけ稼げる時給制勤労者にとれば、仕事が多いことはいいことです。財政だけなら。
(ここ数日、PCにも触らぬ日々が続いたっす。)

話は変わって、初音ミク。
ニコニコでは週間ランキングで、ニコニコでアップされている初音ミク関係の音楽を毎週紹介しています。
DTM使いで、ボーカルに恵まれなかった人たちが多いのか、
水を得た魚のごとく、良曲がこれでもかといわんばかりに紹介されてます。

正直、「ハジメテノオト」と「celluloid」には泣きますた。
ニコニコに落ちてるんで、ぜひ聞いてくださいまし。

…VOCALOIDさわりてぇ…
(ミクさわりてぇ…と最初表記したけど、いかがわしい誤解があるので訂正。)

投稿者 火神俊哉 : 19:50 | コメント (0)

2007年11月07日

やらざるを得ない感じ。

もちろん、わかっているとも。
これはただの偶然に過ぎないことを。

ただ、偶然とはいえ幾億もの組み合わせがある中で、
個々を現す文字列が重なってしまったら、
それは例え少しでも縁はあるというのが、運命論者の言い分だ。

なに、もう決まったことだ。
火神俊哉が、新たな声を手に入れることは。


VOCALOID2:キャラクター・ボーカル・シリーズ CV02 鏡音リン

かがみねりん…って、この名前は無理がある。
しかし、また「かがみん」か。もはやネタとしか。(苦笑)

というわけで、火神俊哉です。
初音ミク調教中…というよりも、俺がセルフ調教状態です。
パラメーターいじってもmidi読みだと殆ど繁栄されてるかどうかわからないという、
ものすごくデジタルのクセにアナログ要素が多いうちのミックーです。

一応、中の人=下田麻美の声を聞いてみたけど、
パワフルというよりはテンション高めな感じです。
しっとりしたのが似合うかどうかわからないですが、
とにかくまた、年末にはVoga-ANcoM Academyの歌姫がまた一人増えることになりそうです。

ちなみに年末、一応今年製作の楽曲をCDに焼いて、
どんのみ連中や、その他聞いてくれそうな人にはばら撒く予定にしておりますが、
とても初音ミクの曲が収録されそうな雰囲気はアリマセン。

こんなんでよければ、アイキャッチ程度に入れますけどw

SSW6.0VSでのWAVE編集がいまひとつ上手くいかずにフリーの編集ソフト導入することにしたんで、
初音ミク練習というよりはaudacityの練習兼ねて、15分で作りましたが。

投稿者 火神俊哉 : 20:29 | コメント (0)

2007年11月03日

【サッカー】ナビスコカップ決勝。

今年は全部見れた…しかし…
途中、見逃した麻雀プロリーグ滝沢の四暗刻に目を奪われ、得点シーンを見逃すという体たらく…!

毎年思うんですが、
ナビスコの決勝戦って本当にいい試合が多いです。
試合の緊迫感もそうなんですが、
なんかこう、抜けるような秋空の下の決勝戦というのが本当に気分を高揚させてくれますね。

ジュニーニョのバックヘッドを藤ヶ谷が指先一本で弾く。
マグノアウベスの一瞬の判断でシュートを打つ。
超攻撃的左サイドバック安田vs強面暴れん坊アタッカー森のマッチアップ。
日本代表の象徴・遠藤と中村のゲームコントロール。

何より、真の「青黒」ユニフォームの応援合戦。
こうですよ、どこぞの赤いチームと違い、お互いのサポーターのクリーンなこと。

ただ、どっちが勝ってもおかしく無い試合だったか…というと、
やっぱりガンバが勝つべくして勝ったかな、という感じがします。
結果的には、川崎が決定的なチャンスを作ったのは、
ジュニーニョの個人技とセットプレー以外は皆無でしたから。

さて、次の見所は天皇杯ですか。
プロチームがまたそこそこポコポコと負け始めているので、
元旦はまた面白い試合が見られるかもしれませんよ。

(J1はもう、上も下も得点王も大勢決まっているかご贔屓のチームと選手の顔が見当たらないので、もういいや感が漂い始めています。)

投稿者 火神俊哉 : 16:55 | コメント (0)