« 2006年11月 | メイン | 2007年01月 »

2006年12月28日

おや、これなぁに?

どう見ても自慰行為です。本当に(ryドーナツ型のアレ。

どうも火神俊哉です。
昨日の深夜遅くまでこんなものを作っていたおかげで、
仕事ギリギリまでグースカと寝るはめになり、朝食をとり忘れ、
昼食は昼食で忙殺され、気がつけば夕方5時半。

ほぼ丸々一日、空腹を抱えて仕事してました。
すげーイライラしっぱなしデスヨ。

で、上の画像なんですが、すごいですね。

音楽業界に全くコネのない火神でも、
CDレーベルに画像を乗せてCD作れば、まともなものが出来るんですね。

そんなわけで、火神俊哉お手製アルバムが出来ました。
全23曲。CD-R80分の許容量をキワッキワまで詰め込んだオリジナル。
コレだけレアなボリューム揃ってなんとお値段0円!(←委託も無し、売る気すら無し、大量生産も無し)

どんのみにて押し付け配布予定。(←しかもほぼ身内のみ)

この年の瀬の忙しい時期に何をやってるの、と言われそうですが、
この時期にやる意味は無くても、この作品集を作るのには意味があるんですよ。

キーワードは「プチクリ」。

とりあえず作って形にして、人に聞かせてみれば何か掴めるかも知れないのですよ。
火神は凡才で大した才能無いですが、
プチクリ理論でいう「好き=才能」であるならば、
音楽が好きで好きで好きで好きで好きで好きなんだから、
ちょびっとくらい才能の欠片を持っててもよさそうなもんでしょ。

幼児の頃にクラシック音楽と出会い、
消防でミスチルを聞き始めてチャートを覗き、
厨房でアニソンにどっぷり&ゲームのサントラや譜面を買い漁り、
工房で物置に眠っていたギターを掘り出し、それを元に作曲をはじめ、
大学でsuger-high君からSSWを無理矢理奪い取るような形でDTMの環境を手にいれ、
就職も音楽方面、失敗しても音楽を片時も忘れず、
今現在も音楽に向う態度はガキの頃となんら変わりないと思ってるくらいです。

ま、長話はさておき。

Voga-ANcoM Academyが送るファーストアルバム「Voice Of Grass Air」
12月30日、お披露目です。

曲目一覧
01.カリンカの小部屋~the title of preist~
02.Angel Temptation…?
03.Dear light
04.Flower Planter
05.Thank you my birthworld
06.Cocoa Cocoon Factory
07.Frip knocker,gem crapper
08.the EVE of wedding ceremony
09.Think my world-long ver.-
10.Cathedral sonata Op.27"Tender Knight"
11.Assembling elvishness
12.Devastated~神と悪魔が巣食う街~
13.Collapse~君が望んだ結末~
14.Destiny~忘却の彼方へ~
15.Reincarnation~そしてまた繰り返される時間~
16.レイジハの森
17.The Devastater(arrange of Track12.)
18.Cosmic concerto no.11"Attack"
19.Future arrow
20.光子と創造における融和性理論
21.月宵草に誘う故国
22.voice of grass air
23.epilogue and the inside story(arrange of Track08.)

渡された栄誉ある子羊ども、罠にかかったと思って聞いてくださいね^^

投稿者 火神俊哉 : 22:36 | コメント (0)

2006年12月21日

良い事・良くない事

どうも、火神俊哉です。
今突発的に、頭の中にある良いことと良くないことをピックアップしてみたいと思います。
良くない事を後から書くとしんみりしてしまうので、先に良くない事を書いてしまいます。

良くないこと

・訃報
ムーミンの声の岸田今日子さん、前都知事の青島幸男さんの訃報が
さっきから随分テレビを賑わせています。
お二人とも高齢ですし、時代をハイペースで駆けていった方達ですから
ある程度天寿を全うされたのでは無いかと思いますが、
もう一人、「カンニング」中島忠幸さんの訃報は少し驚きました。
そういえば2日前は愛した方の命日、この時期は少し悲しいですね。

・やり残しの仕事
昨日は夜勤で、今日からのセールの商材が大量に入ってきたのですが、
ドライバーが予定より1時間早く、商材の量が予定より1.5倍多く入ってきたもんだからさぁ大変。
常日頃、残業は労力の無駄と予見の不足を言い聞かせている火神ですが、
夜勤でかつ残業とは恐れ入りました。モウイヤ。

・寒い。
えぇもう、そりゃ寒冷の弱点部分・足の爪先が冷えて冷えて…


では、良いこと。

・休日。
コレに尽きますよ、コレに。
ハードな連勤、ましてや上述の残業もあり、
寝起きの布団の中のパラダイスぶりといったらあなたそりゃもう筆舌につくs(ry

・インタラクティブアニメーション
くわがたツマミオフィシャルサイト
確かくりいむしちゅーの番組かなんかで見た覚えがあったんですが、
自己紹介の両親を紹介する部分で爆笑。
「割烹着が似合う素敵なママ、元モデル!!
大アゴが超クールなパパ、昆虫。
二人は、人間と虫けらという種族の壁を越えて恋に落ちたのでした」
( ´Д`)えぇーー…

・飲み会
今夜、行ってきまーす。∑d(-v-)

投稿者 火神俊哉 : 12:50 | コメント (0)

2006年12月19日

この世で最も酷い地獄を見る自信がある。

どうも、火神俊哉です。
ただいま6連勤中です。
しかも全部ロング&超不規則シフトとなっております。
殺す気かと店長を問いただしたら、死にたけりゃどうぞと返されました。

さて、世はクリスマスに向っております。
ここ最近いろんなところで「携帯を恋人に見立てるバトン」を見てまして、
火神もやってみようかなーと思ったりしたんですが、
やってると心が痛いという結論以外が出てこなかったのでやめときます。
そんな痛さと共に、クリスマスは近づいているわけですが。

…よりによって、この日は夜勤です。

聖なる夜を職場で過ごすことになろうとは。

しかも…その…あ…う…うがぁぁぁっっっ!!!!(狂乱)






(しばらくおまち下さい)






ぜぇ、ぜぇ…

そんなこんなで、タイトル。
理由はこんなところでは言えないのですが、
黒ミサを迎える気持ちで24日の夜に臨み、
大切な何かを鷲掴みに握りつぶされた表情で25日の朝を迎えることでしょう。

クリスマスってナンデスカァ…
(安いスパークリングワインを飲みながら。)

投稿者 火神俊哉 : 22:55 | コメント (0)

2006年12月13日

ぱねとーね。

どうも、火神俊哉です。
今年一年を示す一文字は「命」となりました。

確かにイジメによる自殺とか、飲酒運転による事故だとかで、
命の尊さを学んだという「意見・報道」が多い一年ではありました。
もっとも、イジメによる自殺も飲酒運転での事故死も、
今まで歴々とあったことが浮き彫りになっただけで、
実は横ばい状態、命の大切さが重要になったわけではありませんが。

かく言う火神も今年は初めて友人の葬儀に行くという、
悲しい出来事に見舞われました。

ともかく、そんな報道を耳にしたところで母親と簡単に今年の総括をしましたが、
出てくる言葉は憂鬱な言葉ばかりでした。
聞かなきゃ良かった…orz

さて、話は変わって。

火神の職場には、いろいろなものが季節ごとにとっかえひっかえ並びます。
今はクリスマス用にシャンパンが並んで、(悲)
クリスマスが終われば年越し&正月の日本酒が並んで、(忙)
その後はバレンタイン用にチョコが並ぶ(吊)わけですが、

--…言ってて悲しくなってきた…!--

そんな中で、イタリアのパン菓子でパネトーネというものが、
ひっそりと店頭に並んでいます。
菓子にしてはとてつもなくでかい&パンにしては箆棒に高価なのでほとんど売れないのですが、
先日の夜番の際に、相方だったA嬢から一つの提案を持ちかけられました。

A嬢:「アレ、割り勘で買って、仕事終わったら食べませんか?」

というわけで、深夜のパネトーネ試食会。
ちなみにA嬢は見た目から甘党で、火神は晩飯を食っているので腹いっぱい状態。
ちょうど半分に割ったにもかかわらず、女子がばくばくパンを食う珍妙な光景と相成りました。

でも、確かに美味かったので、
次の日の朝食代わりに食おうと帰って冷蔵庫に入れておきました。

次の日の朝。

冷蔵庫を開けるまでも無く、空になったビニール袋がテーブルの上に鎮座していました。

そして背後からかけられた、母親の言葉。

「おいしかったよー。また買ってきて。」

勝手に食うなー!
プン ヽ(`Д´#)ノ スカ

薩摩宝山白豊に続いて、パネトーネまで。。。orz
(秘蔵の芋焼酎も母親の餌食になり申した。)

投稿者 火神俊哉 : 00:10 | コメント (0)

2006年12月05日

怪奇現象。

晩飯の後、残ったポットのお湯で毎晩お茶を作ります。
火神の母親は何故かこのお茶にやたら資金を投入し、
想像していたお茶の値段をはるかに超えた茶葉を農家から仕入れてくるこだわり様です。

だったら残り湯使わないで沸かせよ…とか思いつつ、
茶葉を濾袋に詰め、ヤカンに放り込んでポットのお湯をざばっと移し変えた時。

(ジ、ジジジジ…)

…ヤカンの中で、何かが鳴っている…(汗)
今まで聴いたことも無い、形容しがたい音が、ヤカンのそこから流れてきました。
何が起こったヤカンよ…!
腹いっぱいで幸せ気分の火神に、一体何を伝えようとしているのか…!

そこまで考えて、はっと気がつきました。

あ、俺、いい感じで酔ってるわ。
(その日は晩酌で焼酎をロックで1杯飲みました。)

基本的に火神は蒸留酒系には強い男ですので、
ロック1杯程度では意識も跳びませんし前後不覚になることはありません。
だから音自体は幻聴でもなく、何かが鳴っていたんだと思います。

明確な音の正体は結局判らずじまいのままですが、
茶葉の中には枯れ枝のような細くて硬いものも入っていたので、
それの切り口が水を吸って空気吹いてただけなのかも。

投稿者 火神俊哉 : 22:37 | コメント (0)

2006年12月03日

西が落ちた日。

Jリーグ最終節。

ガンバは優勝を逃し、
セレッソは降格が決定。
サンガも降格&「パープルサンガ」という名前ですらなくなり、
ヴィッセルは自動昇格をお預け、入れ替え戦という結果。

来年はJ2が熱いっ。(苦笑)

というわけで、火神俊哉です。
12月ですよ。これから年末に向けて走るわけですよ。
忘年会とかも色々ありますが、仕事でバタバタしている事の方が圧倒的に大変です。

……あ。

多分告知はして無いと思いますんで言っときます。

喪中により、新年の御挨拶は控えさせていただきます。

投稿者 火神俊哉 : 01:54 | コメント (0)